人間関係

【もう悩まない】『内向型は疲れる…』を改善する3ステップ

投稿日:2020年1月5日 更新日:

『なんであの人は元気でパワフルなのに、自分はすぐ疲れちゃうんだ・・・』

なんて、思うことありませんか?

内向型の私達は、ちょっとしたことで疲れやすいですよね。

実は、少しの考え方の変化と対処法を知る事で、疲れやすさは軽減できます!

実際に、私自身、かなりの内向的な人間で、同僚・上司・満員電車に疲れてしまい、休日はベッドから起き上がれなかった人間でした。

ですが、多くの書籍や情報を集め、昔よりはだいぶ楽になり、休日に疲れ過ぎて起き上がれないってことはなくなりました。

この記事では、

1.内向型が疲れやすい理由を理解する
2.内向型な心を休ませる最適な方法
3.疲れやすいを軽減させる為の考え方

をご紹介します。

この記事を読み終えれば、疲れやすい内向型から、まあまあ疲れにくい内向型に進化できるでしょう!

1.内向型が疲れやすい理由を理解する

内向型が疲れやすいのにはそれなりの理由があります。

それを事前に理解しておく事で、なんで疲れるのかわからないより、全然気持ちが楽になります。

下記、私の経験を元に書いています。

もちろん人それぞれ違いますが、ぜひ参考にしてみてください。

▷他人の評価を気にし過ぎ

内向型の人のほとんどは、他人の評価を気にし過ぎています。

それは自信のなさからきてる場合が多く、かといって簡単に解決する問題でも無いのでうまく付き合っていきたい問題です。

なぜなら、人それぞれ価値観や生きてきた過程が違う為、評価基準も人それぞれです。

他人の評価を気にするという事は、そんな人それぞれ違う評価に自分を合わせて生きなければいけない為、そりゃ疲れます。

私も仕事で同僚や上司、すべての人の要望を聞いて、全て取り入れようとした結果、仕事は進まないし、クオリティは低いしで大変な目にあったことがあります。

そんな時、他人は自分の言った事に責任すら持ちません。

最悪、『そんな事言ったけ?テヘ』で終わりです。

▷不安を感じやすい

内向型の人は、心配や不安などを感じやすいので、疲れやすいです。

なぜなら、内向型の人は繊細でいろんな事を深く考えてしまう人が多いし、ネガティヴ思考が強い人も多いので、悪い事が起こるのではという予期不安をしやすく、それにより、常に焦りや恐怖を感じてしまい、心が疲れてしまうからです。

さらに、不安な未来に対して何かをしなければいけないと無理な努力をしやすいので、それも疲れる原因になります。

私は未だにこの予期不安が強く、特にお金に関しては、すごく不安になってしまいます。

そして、お金を稼ぐために様々な方法を実践するもの結果が出ず、焦ったり、未来が怖くなったりしてます。

ただ、私の場合、お金に関しての不安を持っている自分に気づいているので、そこまでネガティブにならずに済んでいます。

 

2.内向型のあなたを休ませる最適な方法

内向型の疲れを回復させる方法をご紹介します。

私がよく実践している方法です。

▷趣味・好きな事に没頭する

好きな事に没頭している時間を多く確保できれば、心を休ませるには最適です。

なぜなら、好きな事に没頭すると、その時間はポジティブな気持ちになりやすいので、嫌な事など余計な事を考える時間が減り、ストレスの解消に繋がるからです。

私は趣味である楽器をやっているのですが、楽譜を追っていたり、運指の確認や音階練習をしている時間は、そそれが楽しくて楽しくて仕方ないので、その事しか考えてません。

そしてスタジオなどで大音量で演奏すれば、それこそストレスの発散にしかならない。

内向型の人こそ、自分の好きな事、楽しい事を発見・再確認し、それを楽しむ時間を持ちましょう!

▷瞑想をする

瞑想は、疲れやすい内向型の人にはかなり有効な方法になります。

なぜなら、内向型の人は思考がネガティブな方向に飛びやすいから疲れやすい。

そんな人にとって瞑想は、思考をマイナスの方向へ引っ張られにくくするトレーニングになり、脳を休息させる簡単な方法だからです。

瞑想について、参考に私が行なっている、簡単な瞑想の方法を記載致します。

①背筋を伸ばし、リラックスできる服装・姿勢で座る。

②目を瞑るか、目を開けたままであれば一点に集中する(天井のシミなどを見つめる)大きく深呼吸を3回程度行う。

③自然な呼吸を意識し、その呼吸に集中する

④途中で頭の中に雑念が浮かんでそちらに意識が持っていかれるので、それに気づき、ゆっくり呼吸へ意識を戻す。

⑤5分くらいから始めて、少しづつ時間を増やす。

▷感情をノートに書きまくる(手書き推奨)

ノートに今の感情を書き出す事で気持ちが軽くなります。

なぜなら、感情を文字に起こして形にする事で、客観的に自分の感情を観察する事ができる為、自分と嫌な感情を切り離す事ができるからです。

それができると、嫌な感情を俯瞰できるので、囚われる事がなくなり、必要以上に落ち込む事が減ります。

なぜ手で書くかというと、書くという行動が脳幹のRASにある細胞を刺激して、嫌な感情の克服という目標に強烈な注力を払う事ができるからです。

そうなると、目標を達成する為の情報を集めやすい状態になる為、嫌な感情の克服という目標を達成しやすくなります。

実際に、海外の大学の研究結果で、目標を紙に書く事で、目標を達成する可能性が30%以上増加したという科学的な検証結果も出ています。

▷一人の時間を意識的に作る

内向型の人は、意識的に一人の時間を作り、心のパワーを回復する時間が必要だと思っています。

なぜなら、他人や外部の〝刺激〟に弱いからです。

例えば、他人と接する事で嫌な事を言われたり、他人と自分との差を感じて落ち込んだりしやすいですよね。

そういう事が一切起こらない安全な時間を作る事で、脳の休息ができ、人生のモチベーションを維持できます。

 

3.疲れやすいを軽減させる為の考え方

内向型の人は、考え方を変える事で疲れやすいを軽減する事が可能です。

内向型の人は身体が疲れるより、精神的に疲れてる事が多いと思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

▷自分を徹底的に認める

内向型の人は自分のやる事なす事すべてを認めてあげるように生きる事で、疲れにくくなります。

なぜなら、自分を認めず、否定していると

自分に対して肯定的な目線が持てず、何をしていても間違っているように感じてしまいます。

そうなると、自分に自信が持てない為、その代わりに他人の評価を求めてしまう。

でも、なかなか評価されない現実が続く為、どんどん疲弊してしまうからです。

私は自己否定の強い人間でした。

何やっても足りない感じが付き纏い、努力に努力を重ねていました。

でも、それが今の自分ではダメなんだと否定している事に気づいた時には、うつ病の一歩手前まで行っていました。

努力は大事ですが、その前に今の自分を否定せず受け入れる必要があったんです。

▷自分と他人の線引きを明確にする

自分と他人を線引きし切り分ける事で、比較や攻撃などに対する耐性が身につきます。

なぜなら、自分と他人を線引きするという事は、自分でコントロールできることとできないことを理解する事に繋がります。

それができると、自分は自分、他人は他人という価値観が強くなり、

『性格も親も生きてきた過程も違う人生を生きてきたわけだし比較は無意味だ』

『陰口は相手の行動だし、自分にはコントロールできないから、まっいっか!言わせておこう。』

というように、自分と他人の切り分けが上手くできるようになり、変に落ちこんだり嫌な気持ちになる事が減ります。

実際に、私は自分の価値を、他人の評価の中で図っていました。

常に厳しく監視されているように感じたり、自分に自信が持てない期間が長く続いたりして、かなり苦しい人生を送っていました。

あまりにも評価を気にし過ぎて対人恐怖症からうつ病になりかけたりもしていて、仕事も上手くいかなかった。

ですが、アドラー心理学を学び、自分と他人を線引きし切り離す事を知った時、眼から鱗が落ちまして、『他人の評価を気にしなくてもいいのか!?マジか!』なんて思いました。

そこから、劇的に気持ちが楽になりました。

そして、外出もできるまで回復し、現在は普通に仕事をしています。

まとめ

今回の記事は、

● 1.内向型が疲れやすい理由

内向型の人は繊細さ故に、他人の評価や不安に囚われやすい為、疲れやすくなります。

● 2.内向型のあなたを休ませる最適な方法

主に一人の時間を大切にする事から、心のパワーの回復を目指す事が大事です?

● 3.疲れやすいを軽減させる為の考え方

内向型の人が疲れやすいのは、ネガティヴな考え方にあるので、その改善を目指す事で、人生を少しでも楽に過ごす事が可能になります。

この記事を最後まで読み実践していただければ、内向型の人や繊細な人は、今よりもっと楽に毎日を過ごせるようになれます。もちろん努力は必要になりますが、その努力も自分に合ったハードルから始めて、少しずつ習慣化していけばいいです。

そして、少しでもできたら、ガチで自分を褒めてください!

-人間関係
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【人見知り】警戒心を解く簡単な方法!!

この記事は ・人見知りのせいで警戒心が強く、心をなかなか開けなくて悩んでいる ・人見知りなアイツと仲良くなりたい について書かれています。 この記事を読めば、 ・他人に心を開くためにどうすればいいのか …

無数の会社員のシルエット

【仕事の体験談】最悪な人間関係の中に、2年半。私がそこから得たもの。

最悪な人間関係の仕事で毎日が辛い 自分だけなんでこんな扱いをされなきゃいけないんだ… 最悪な人間関係の職場から、早く逃げ出したい どーもー、まっさんです。 人間関係の良し悪しは、仕事の満足度にも関わっ …

橋から川を眺める女性

人間関係の不安を解消し、もっと生きやすくなる為の対処法【当たり前のことだけど…】

コミュ障だし、うまく人間関係が築けるか不安だ… 人間関係がうまくいったことが無くて、この先の人生不安で仕方ない ど~も、まっさんです。 実はあなたが感じている人間関係に対する不安は、あなたが頭の中で作 …

no image

仕事の人間関係が辛すぎる!そんな時の立ち回り方を授けようか!

・仕事の人間関係が辛過ぎるけど、どうすればいいんだろう? ・辛過ぎる仕事の人間関係から救われたい 仕事の人間関係って大切ですよね。 ですが、その人間関係が働く人々を苦しめているのもまた事実です。 うま …

車窓でうなだれる少年

【実績あり】『人付き合いが疲れる…』を改善した誰でもできる4つの改善策

人付き合いはどうしても疲れてしまう 人付き合いに疲れない方法は無いの? を解決します。   どーも、まっさんです。 考え方次第で、疲れてしまう人付き合いから脱出することができます! 私自身、 …