人間関係

【きっと変われる】人付き合いを避ける自分を変えたいあなたへ。

投稿日:

この記事は、

人付き合いを避けてしまう原因
人付き合いを避けてしまう自分をどうにか改善したい

について書かれています。

どーも、まっさんです!

人付き合いを避けてしまう性格は改善できます。

私はそもそもかなりの人付き合い全力回避系人間でした。
というか、対人恐怖症(社会不安障害)を15歳くらいから約10年以上患いながら生きていました。
人を避けるなんて当たり前のようにしてきましたし、ほぼ引きこもり。他人ができる事ができないから、自己否定したり落ち込んだりを繰り返し、苦しい思いもしました

ですが、今は改善&できない事は受け入れているので、落ち込む事が圧倒的に減ってます。
普通に正社員で働いていますし、趣味やセミナーなどの集まりにも参加できてます。
もちろん得意な人よりは全然うまくはないのですが、それによって自分を認められない苦しみはかなり小さくなりました。

これを読んでいる方は、対人恐怖症って程じゃない人が多いのでは?それなら、楽勝でいい方向に変えていけます!

この記事では、“人を避ける”について、僕の対人恐怖症の経験をもとに、お話しできればと思います。

 最後まで読んでいただければ、

●人付き合いを避けてしまう事の改善
●それについて思い悩んでしまう苦痛を解消

を実現できます。

 

人付き合いを避けてしまう原因

人付き合いの中で生活を送っていくのが人ではありますが、そんなを人付き合いを避けてしまうのには、やはり何かしらの原因があります。
僕は人付き合いを避けてしまう原因について、本やカウンセリングなど様々なものを参考に、どうにかして対人恐怖症を直したいという想いで自分なりに検証を重ねてきました。

その中で気づいた自分自身の原因を記述します。

▷自分の事しか考えていなかったから、自意識過剰になっていた

自分の事しか考えていない人間は嫌われますが、それ以上に自分がどう見られているかの自意識が過剰になり、対人場面が辛くなります。
どういうことかというと、自意識が過剰になると、必要以上に他人が自分の事をどう評価しているのかが、気になってしまいます。
そうなれば常に見張られているようなきもちになるし、自分の一挙手一投足が気になり、人前に出るのが、苦痛に感じてしまうからです。
自分のコンプレックス に思っている身体のパーツについて考えてみてください。
人前でそのパーツばかりに自分の意識が向いているとどうなるでしょう?
目の前の人とそこの注目しているような気になり(実際は気にすらされていない)いたたまれない気持ちになりませんか?

僕は自分の顔にコンプレックス があり、話すことは常にそのコンプレックスである顔が不細工だと評価されているという気持ちになり、目を見て話すことができなくなり、人を避けていました。

▷認められたいという強い気持ちがあった

人に認められたいから色々と頑張るのが人間ですが、その認められたいという気持ちが強ければ、常に人の評価が気になってしまい、それが息苦しくなって、人付き合いをしない選択をします。

なぜなら、他人から常にいい評価が欲しいという気持ちが強くなればなるほど、人に好かれようと相手に依存し過ぎたり、合わせ過ぎたりして、自分らしく振る舞えなくなり、人付き合いが息苦しくなるからです。

だから、人付き合いを避けた方が楽って事にだんだんとなっていきます。
最悪の場合だとその人の前で、自分の自慢話やすごいと思わせたいアピールが酷くなり、人を避けるではなく、人に避けられる人間に退化します。
わかりやすい例が、すっごい上司の評価を得たい部下ってどんな行動をとりますか?

想像してみてください。
・・・上司にはゴマを擦り、上司の命令には絶対従うパーフェクトイエスメン。
仕事はもちろん一生懸命にやるし、できると思われたいから休日返上でお勉強。
敬語にもしっかりと気をつけて、サービス残業当たり前。
飲み会は絶対断らないし、一気飲みをしろと言われたら、急性アルコール中毒を省みず、笑顔を作りながら一気飲み。

・・・ツラっ!

ですが、人に認められたいって気持ちが強くなると目の前の評価してもらいたい人物のイヌになってましまい、その人の評価に依存した人生を生きる事になります。
それが息苦しさに繋がるので、人にそもそも会わない選択をするのです。

昔は、これが僕の生き方のデォフォルトでした。

 

 

人付き合いを避ける自分を改善したい

人付き合いをすれば、嫌な気持ちになる事ももちろんありますが、その分喜びだったり生き甲斐だったりも、人の中で生まれます。
だから、人付き合いを避け続ける選択を僕は取りたくなかった。そんな気持ちが強かったからこそ、克服するために今までの人生の多くの時間を費やしてきました。

そこから、対人恐怖症が改善に向かった経験を元に、人を避けてしまう性格をどうする事がベストだと感じたのかをお話しします。

▷自分が無理をしていることに気づいて、諦める。

人付き合いを避ける自分を改善したいという事自体、あなたにとっては無理をしている事なんだと気づくことです。
だから、そもそも自分は対人関係か苦手なんだと開き直って認めてしまった方が自分の為になりますし、結果今より人付き合いが楽になります。

そもそも人付き合いが苦手な性格であれば、単純に辛くて当たり前です。
性格って、遺伝子レベルの話でもあるので、苦手なものを無理に治す事って、背が低いのを無理に伸ばすということと同じです。
グラップラー刃○に骨を伸ばして身体大きくしたキャラクターがいましたが、現実的には不可能です。

それなのに、無理にダメだから改善しないとって思うと、自分で自分自身を批判している状態になり、メンタル的に苦しなってしまいます。
そして、その苦痛が積み重なった結果が現状の人を避けてしまう状態なんです。
今まで無理に対人関係が苦手な自分にダメ出しをしてきたからこそ、人付き合いを“避けてしまう”ところまで自分を認めるチカラを下げてしまったということなんです。

だから、人付き合いが苦手ということを、開き直って認めてしまい、できないことは程よく諦める。

そして、苦手な状態でどうするかを考えた方が、自分自身を認めた上で改善策を考えることに繋がるので、逆に自信に繋がり、無理せずに人付き合いが楽になる結果を生み出すんです。

僕は対人恐怖症を20年近く患い生活してきました。
最初、人が怖いを自覚したのは高校1年の時でしたが、そもそも中学の時に色々と対人関係で嫌な思いや辛い事を経験し、それを受け入れず、自分がダメだからうまくいかないと自己否定に走った。

その自己否定が積もりに積もった結果、自尊心がすり減り、僕の場合は対人恐怖症(社会不安障害)として出てしまったんです。
もちろんそのほかにも様々な原因がありましたが、ここから僕が対人恐怖症を治す為に行ったことも、自分の苦手な事を認めて、無理な改善を諦めてしまう事でした。

結果自己否定が減り、自分に対する自信を取り戻し、克服に繋がりました。

 

▷自分の様々な部分に『なるほどな~、そうなんだな~、いいね!最高!』と同意を唱える

人を避ける状態は、自分との関係が悪いから、他人ともうまくいくと思えない為に起こります。
なので、自分との関係を見直す必要があるんです。
こう書くと難しく感じますが、簡単に言うと、自分に投げかける言葉を見直し、いい言葉を自分のために使うと言う事なんです。

それがまず最初の一歩であり、これができないとそもそも良い対人関係を築く事が難しくなります。結局は、日頃の自分との関係が他者との関係として表に出ると考えるとわかりやすいかもしれません。
ここで一つ大事になるのが、上の項目《自分が無理をしていることに気づいて、諦める。》でもちょいちょい出てきたワードでもある、自己否定です。

自己否定というのは、例えば、
『私はダメだ』
『私はできない』
『私はデブだ』
『私はダサい』
など。

こういう言葉を日常的に自分に浴びせていたら、そりゃ苦しくなる。その苦しみこそが、自分の内面との関係に不調和を生み出している証拠になります。
耳元で口うるさい上司に寝ても覚めても常にダメ出しされて怒鳴られている状態と考えるとわかりやすいと思いますが、すっごい嫌だし普通に考えて辛いですよね。
結果自信をなくし、人を避けてしまうのは必然だと言えます。

だから、いい言葉を自分に意識的に使う事で、それをクセにして、常にナイスワードシャワーを自分に浴びせてあげる。
そうすることで、少しずつ自分に対する信頼感を取り戻せるようになり、『人と繋がってもいいかもしれない』って気持ちも生まれてくるんです。

僕の学生の時の経験をお話します。
高校の時に、一時期かなり人が怖いという気持ちに囚われてしまった事があり、学校に行けない期間がありました。
制服を着て外へは出るんですが、学校に近づけませんでした。
最初は『学校に行かないとヤバい』って気持ちが強く、毎日行こうとして準備して外には出るんですが、行けないことの繰り返しでした。
そうなると、どんどん気持ちがすり減っていき、『自分はダメだ』が強くなって、さらに自信をなくし行けないという悪循環にハマってました。
ここから行けるようになったキッカケが、好きな事をトコトンやって、心を回復させた事でした。

好きな事はギターです。
どうせ学校行けないからと開き直り、好きな曲をコピーしまくる生活を1、2カ月続けました。
初めは『何をやってんだろう』って気持ちが強かったのですが、自分の好きな曲を自分のものにする事で、

『この曲弾けるようになった、やった!』
『絶対できないと思ってたのに、やれば意外と弾けるんだなあ』
『いいね!いい感じ!』

など、自分を認める言葉を使う事が増えていきました。
その結果、『あっ、なんか明日学校行けるかもしれない』って気持ちになり、なんとか復帰できたんです。
もちろん人が怖いって気持ちもあったんですが、不思議と行けたんですよね。

現在、色々と勉強して知識があるからこそ、今、振り返って思うことですが、自分にいい言葉を使うことで、人に会いにいける心の持ち方を一時的に構築できたということだと感じます。

一つ、ここで落とし穴があります。
そもそもネガティヴ思考が強かったり、今まで自分に悪い言葉を使ってきた歴が長いと、なかなかいい言葉を受け入れられず、受け入れられない自分にさらにダメ出しをしてしまうなんて事が起こります。

そういう時は、
『悪い言葉を言ってしまうんだね』のように自分に同意するような言葉にすると受け入れやすかったです。

まとめ

人付き合いを避けてしまえば、自分の可能性を閉じることにも繋がります。
ですが、そんなことわかっているけど、なかなか改善が難しいって感じる部分でもありますよね。
なので、とりあえず不得意な事は不得意だと受け入れて、『これくらいならできそうだなぁ』からはじめてみましょう。

何でもかんでもうまくできる人はいません。
得意なことがあって。その半面苦手なこともあるのが当たり前です。
僕らはそれが人付き合いだというだけなんです。

だから、人付き合いを避けてしまう自分を必要以上に否定せず、
まずは
『今は人付き合いを避けてしまうのはしょうがない』と
受け入れてから、今より少しでも良くなる方法を探していきましょう!!

-人間関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

会社で孤立して辛い…そんな現状を変える3ステップ

・職場で孤立して辛い ・どうすれば、孤立・孤独から抜け出せるのか? について書いてます。 毎日行く会社で頼る人もいない、話す人もいない、昼飯はいつも一人… なんて辛い状況で、日々苦しんでる方でいますか …

朝日に向かって両手を広げる女性

友達がいない方が幸せな人ってどんな人?【ひとりが好き】

友達がいない方が幸せな人ってどんな性格なのだろう? 友達は本当に必要なのだろうか? どーも、まっさんです。 友達は必要だと誰もが口を揃えて言いますが、中には友達がいない方が幸せな人ってのも存在します。 …

考える。ひらめく。書き出すの3コマのマンガ

【天職発見!】人見知りに向いている仕事は、ズバリあなたが◯◯な事です!

  ・人見知りに向いてる仕事とは? ・人見知りだから、仕事が続かない について書かれています。   諦めなければ、人見知りの人でも自分に合った仕事は見つけられます。 僕自身、対人恐 …

OKサインをカメラに向ける無表情の男女

【悩み多き人必見!】人間関係で悩みたくない…誰でもできる3つの対処法

・人間関係に悩みたくないんだけど… ・人間関係で悩まない方法はないのかな? について書いてます。 どーも、まっさんです。 人間関係に悩まない方法は、自分の考え方や感じ方によく注意を払い、 あなたが持っ …

no image

人間関係が作れない…でも作りたい!を叶える具体的な方法

・人間関係を作れない… ・人見知りだけど、人間関係を充実させたい ・どうすれば、人間関係が作れるスキルが身につくのか? 人見知りの人や内気な人は特にそうですが、人間関係がうまく作れないと感じている人も …