人間関係

【対人恐怖経験者が語る】 人間関係が怖い時の対処&克服法

投稿日:

  • 仕事の人間関係の恐怖を何とかしたい
  • なぜ仕事の人間関係に怖さを感じてしまうのか?

について書いてます。

どーも、まっさんです
人間関係における恐怖を理解できれば、人間関係の怖さから自由になる事が可能です。

私は対人恐怖症を持った状態で数年、働いていた過去があります。
人間関係に恐怖を感じつつ働く事がどういうことかというと、高所恐怖症の人が高いところに吊るされて働いているのと同じです。

もしくは、蛇が怖いって人が蛇がわんさかいる檻に閉じ込められて『イヤーーーーーーーー!キャーーーーー!』な状態が8時間以上続いてるって事です。

それってかなり苦痛なんです。

そんな経験を元に、

1.なぜ人間関係が怖いのか?を知っておく

2.怖いと感じてしまう自分自身の内側を知る

3.人間関係の恐怖を克服する

についてお伝え致します。

この記事を最後まで読んでいただけば、人間関係に対する恐怖心が軽減され、毎日のストレスから解放されます。

 

1.なぜ人間関係怖いのか?を知っておく

僕は、人間関係が怖くて怖くて仕方ない時期を過ごしてきました。
特に仕事における人間関係に関しては、なぜか凄く怖くて、会社に行けなくなる事を繰り返していました。

▷知らないから怖さが増す

僕がハマっていた罠はまさにこれで、結局“なぜか”怖いという漠然とした恐怖でした。
怖いって気持ちが大きくなり、冷静さを欠き、ただただ漠然とした恐怖に飲み込まれ震えているだけでした。

ここでしなければいけなかったのは、その恐怖を知る事なんです。
なぜか怖いのなぜを白日の元にサラすことが必要なんです。

例えばゲームのボス戦で、相手がどんな容姿で、どんな能力があって、どうゆう対策が必要で、どんな武器を買わなきゃいけないのか。
それを知らないで、戦いに臨むのと、知った上で戦いに臨むのとでは、やっぱり知っている方が気が楽ですし勝てる気もしてくる反面、知らないと未知の恐怖でなかなか行動に移せなかったりします。

それと同じで、まず仕事の人間関係に対して、自分が持っている恐怖が何なのかを知る検証が必要なんです。

▷あなたの恐怖を言葉で表現し、書く

漠然とした理由で感情が動いてしまう場合に、有効なのが今の感情とその原因となった出来事などを合わせて言葉で表し、書くって事です。
なぜそれが有効なのかというと、漠然とした感情やその元になった原因を言葉で表し書くことで、形の無かったものが文字という形に変わり、第三者の視点でその感情や原因を見ることができるからです。

手書きの方が有効といろんな書籍で書いてありましたが、僕はめんどくさかったので、携帯電話のメモ機能を使い、随時記載していました。
そうやってメモで、恐怖とその原因を書いて溜めておくと、自身の怖さを感じるポイントもわかってきて、かなり楽になれたんです。

 

2.怖いと感じてしまう自分自身の内側を知る

やはり恐怖を感じる必要の無いところで恐怖を感じるというのは、何かしら原因があるはずです。
僕は、人間関係が怖いと感じる事で将来的にリスクは増えていくと感じ、なぜ自分がそんなに怖いと感じてしまうのかを探ることにしました。

▷過去に出来事から探る

まずは、学生時代などを振り返り、人間関係について“怖い”と感じた原体験を探ることにしました。
ですが、深く探る方法もよくわかんなかったので、

まずはパッと浮かんだ
『あの時、こんな事で嫌な思いをしたなー』
『あいつにあんなこと言われて、ムカついた』
など、過去の人間関係でのネガティブな思い出を書き留めてみました。

そうやって振り返った結果、こんな感じのリストになりました。

【幼稚園】

・弟に仲間はずれにされて、めちゃくちゃ嫌だった

【小学生】

・太ってた事をネタに色々いじられた
・太ってた事で運動ができなくて、それを同級生に揶揄され、嫌な思いをした

【中学生】
・先輩に無視された
・同級生になぜかブサイクと言わマクッた時期あり、かなり辛かった

【高校】
・同じクラスの人達は運動できる人が多く自分は普通くらいで劣等感を感じていた
・周りがオシャレなどに興味を持ち始めた中、自分はあまり興味無く、ダサいと揶揄され辛かった。
・なぜか嫌われる事が多かった

もっと沢山ありましたが、代表的なものだけ記載しました。
こうやって、人間関係について恐怖を感じてしまう原因を過去を証拠にして探っていく。
辛いとかネガティブな感情が発動するのに共通点があるような気がしていたので、リストを元にそれを洗い出しました。

僕の場合は、
・太ってて運動できない
・周りと仲良くできない
・容姿のコンプレックス
という共通点より

周りより劣っているという自己評価

が原因であると気づきました。

▷自分の性格を改めて理解し、抵抗しない

怖いの原因を過去から探る中で、

『待てよ、すっごい小さい頃、普通に他人が怖かった気もするな・・・』って気づきました。
いろんな情報が頭の中にまだ入っていない無垢に近い状態の幼少期の感覚は、遺伝子による性格的な部分であると考え、親に“どういう子共だったのか”改めて聞くことにしました。

合わせて、両親や親族の性格的傾向についても、改めて探りました。
人間関係に怖いって感じてしまうのは、そもそも遺伝子的な性格的な部分がかなり関わっているとしたら、変わることが難しいのではと感じた為です。
遺伝的な性格って、身長の高さみたいなものだとすると変わろうとするのに無理があるのでは無いでしょうか?

という事で、こんな情報が集まりました。

・某夢の国的テーマパークで人の多さに『怖い~』と泣きわめく
・デパートの人の多さに『怖い~』と泣きながらダッシュで逃げ、迷子になる
・病院で看護士さんを怖いと感じ、逃亡
・祖父が繊細な人で、人間関係が得意ではなかった。難しい人だった。

代表的なものを記載しましたが、びびりエピソード多すぎて驚きました。
祖父についても、すごく優しい印象があったのですが、祖母から聞く話だとかなり繊細な性格だったらしいです。
という事は・・・

そもそも遺伝的な性格もあるから、それを加味した対策を考える必要があるのかもしれないと感じました。
今までは、性格を変えようって視点で本を読んだりしていましたが、性格はそもそも変わらないという視点で見ると、本のチョイスも変わってきますよね。
元々恐怖を感じやすい性格なので、その性格を無理矢理変えようとしても、無理矢理に身長を伸ばしたり顔を変えたりする苦労と同じくらい大変な事だから、この恐怖を感じやすい性格のままでどう仕事の人間関係を立ち回っていくか?
という自分の性格に沿った生き方をする方向性にシフトチェンジし、自分自身に抵抗する事を辞めました。

そして、その上で克服方法を考えるようになりました。

 

3.人間関係の恐怖を克服する

ここからは、人間関係についての恐怖を克服する為に僕が行ったことを記載します。
あくまでも、僕の性格や過去の体験を元に考えたモノなので、全ての人に通用するものでは無いです。
ですが、僕が対人恐怖で辛かったときに、何よりも欲しかったものは“情報”でした。
なので、数ある情報のひとつとして、参考にしていただければ幸いです。

▷他人の評価を気にしない

僕には
・周りより劣っているという自己評価
・そもそも恐怖を感じやすい遺伝的な性格
があります。

それを元に克服を考えて行き着いた方法は、
他人の評価を気にしない自分になる為に、他人の評価を気にしなくていい理由を自分にとって合理的な考え方に変換して、それが自分にとってメリットが多いとして腑に落とす“”

事でした。
どういうことかというと、僕はそもそも恐怖を感じやすい。

そんな自分が何に恐怖を感じているかというと、“周りよりも劣っている自己評価”によって、『何とか頑張って周りの人間に評価されなければいけない』という視点で見た世界の他人の目です。

では、その他人の目を気にしない状態を作ればいい。
『それが難しいから辛い思いをしているんだ!』と言われそうですが、
それを難しくしているのは結局、今までが気にしないようにしよう!という気合いとか根性での対策でしか無かったからです。

 

具体的な方法はこんな感じ!

他人の評価を気にしなければ、その恐怖から逃れられます。
ですが、どうやって気にしないようになれるのかがわからないってのが課題です。
では、元対人恐怖症の僕が、そんな他人の目から少しだけ自由になれた方法をご紹介します。

▷ネガティヴな気持ちが起こった時、客観的に気づく

まず自分が何かをキッカケに人に対して怖いと思った瞬間、
『やばいやばい、なんか怖いどうしよう、逃げたい・・・』に飲まれるのではなく、
『やばいやばい、なんか怖いどうしよう、逃げたい・・・と、今私は思てる』
という風に客観的な立場で気づけるようになる事です。

こうする事で、恐怖を感じている自分と本来の自分を切り離すことができ、必要以上に恐怖に飲み込まれてネガティヴになることを防げます。
意識して、練習する必要がありますが、ネガティヴ思考の強い人にとっては、かなり役立つスキルだと感じます。

▷自分の自己評価から他人を“”想像“”していることに気づく

『今、目の前にいる他人があなたの事をどう思っていると思いますか?』
という質問にあなたはどう答えますか?
もしあなたに自信がない場合や、『自分は仕事ができない』『他人に迷惑掛けてしまう』などの罪悪感を抱えている場合、その想いのフィルターから見た他者が自分に対してどう思っているかを導きだします。

緑のセロファン越しの世界は緑色なのと同じで、あなたの自己評価から見た世界は、あなたの自己評価と同じ色に見えています。
だから、その間違った世界の見え方に気づかないと、怖いというネガティヴな気持ちから楽になることはありません。

僕の場合ですが、そこから抜け出すために、
人が自分に対して悪い評価をしているんじゃって気持ちが生まれた瞬間、『自分の自己評価フィルターを通して、世界を見てるなー』
って心の中で暗唱してました。

冷静になれましたし、今ある恐怖は自分の想像が作っているんだってことが、だんだんわかってきて恐怖が次第に小さくなっていきました。

▷恐怖を感じてしまう自分でOKとする決意が大切

会社の人間関係が怖いと感じている自分にダメ出しをしていませんか?
僕は人が怖いと感じてしまう自分はダメな人間で価値がないし、将来は暗いと思って生きていました。
だから、よくなるまでに時間が掛かったという事が今ではよくわかります。
自分のなかで自然に湧き上がる想いや感情に抵抗する事って、トイレ行きたいのにずっと我慢しているのと似ています。
大も小も我慢すれば体調悪くなるだろうし、漏らして逆に白い目で見られます。

自然発生する恐怖とかネガティヴな感情に否定という抵抗をしてしまえば、メンタル不調に陥ってしまったり、暴力や罵詈雑言などネガティヴな行動をとってしまう可能性もあるんです。
だから、自分を大切にするという意味でも、まずは自然発生する感情は自分にとって、全て良いものでオッケーなんだということにしてしまう。
というか、してしまおう!と決意してください。

これがわかってから、僕の対人恐怖症度合いがかなり緩和してきました。
というか。対人恐怖症自体がそんな我慢の産物だったのかも知れません。
どこかで『治さないと!改善しないと!』って気持ちが強かったから、『ダメだ!もっと頑張んなきゃ!』って気持ちが強く、自分にダメ出しばかりしてきました。
だから、結構自信がすり減り、自分の事を受け入れられず、そんな自己評価で世界を見るから、人が自分をバカにしているように感じ、他人が怖かった。

“”自分がどんな事を考えても、感じてもそれを否定しない決意“”をしてからは、落ち込むことも減り、気づいたら外出も容易になった事を覚えています。

 

まとめ

僕は人が怖いと感じる世界を10年以上生きてきました。
今、かなり改善してますが、当時のことを振り返って思う事は、誰も味方がいなくて辛かったってことです。
誰もわかってくれない。
ネットで調べても、自分に適した情報はなかなか見つからなかった。
その反面『対人恐怖症は治らない』という言葉を目にすることが多かった気がします。

ですか、僕は今自分の変化を実感しています。
もちろんまだ、自分を否定してしまう自分が顔を出して、苦しい思いをすることもありますが、だいぶそれも減ってきてます。

長くなりましたが、この記事で言いたいことは

・自分をよく知る
・自分の感情に気づく
・自分を否定しない

ってことです。

そうやって自分を理解し大切に扱っていけば、今の人間関係が怖いと感じてもそれに足を引っ張られる事にはならない。
怖いなら怖いでしょうがないって思えるだろうし、どうしても怖くて嫌だ、辛いと感じるなら、自分にとってどうすれば楽になれるのか気づける。
そして、自分とって最適な行動も取れるはずです。

-人間関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無数の会社員のシルエット

【仕事の体験談】最悪な人間関係の中に、2年半。私がそこから得たもの。

最悪な人間関係の仕事で毎日が辛い 自分だけなんでこんな扱いをされなきゃいけないんだ… 最悪な人間関係の職場から、早く逃げ出したい どーもー、まっさんです。 人間関係の良し悪しは、仕事の満足度にも関わっ …

座って落ちこんでいる黒人の女性

【人間不信なあなたにおススメな仕事】&【人間不信から抜け出す方法】を教えます!

  人間不信だけど、続けられて、うまくいく仕事って無いのかな? そもそも人間不信を何とかしたいかも…   ども、まっさんです。 人間不信でも、対人関係が極力少なく、積み重ねができる …

no image

【孤立体験】会社の人間関係で仲間はずれになりました。

この記事は、 仕事で仲間はずれにされてツラいけどどうしたらいい? 仕事で仲間はずれにされた場合の対処法 仕事の人間関係はうまくいっているでしょうか? について書いています。 つまらない仕事でも人間関係 …

ヘッドホンをつける女性

会話が続かない人の特徴と自分の欠点との向き合い方【努力は必要】

会話が続かない人ってどんな特徴があるのだろう? 会話が続けられるようになるにはどうすればいい?? ど~も、まっさんです。 会話が続かないのは、今までの自分にちょっとした変化を加える程度で改善できます! …

一人たたずむスーツの男性

人と話さない仕事ってあるのだろうか?【人付き合いめんどい】

人とかかわるのが苦手だし、人と話さない仕事に就きたい 人と話さない仕事なんて本当にあるのだろうか・・・ どーも、まっさんです。 人と話さない仕事はあるにはありますが、それを仕事選びの指針にしないほうが …